埼玉県の入れ歯(部分入れ歯、総入れ歯)なら福永歯科医院へ

入れ歯の無料相談を承っております

[受付時間] 9:30~13:30/15:00~19:00 [休診日]日曜・祝日

REPORT 活動報告 詳細

メール
無料相談

筆者プロフィール

院長 福永朋美

福永歯科医院 院長 福永朋美

■経歴

平成14年  明海大学歯学部卒業、
歯科医師免許取得
明海大学歯学部 歯周病科入局

平成16年  医療法人社団博雅会
布田歯科医院勤務

平成20年  東京武蔵野病院
歯科口腔外科勤務

平成21年  福永歯科医院開業

■所属・認定医・資格

・IPSG包括歯科医療研究会 VIP会員
・日本歯周病学会
・日本顎咬合学会 認定医
・さいたま市立鈴谷東保育園 園医
・さいたま市立鈴谷東保育園第二種歯科感染管理者

■患者様へ

歯科医師として患者様のお手伝いをさせていただき20年近くなります。
多くの時間をテレスコープ義歯や、総義歯治療に携わってまいりました。
さまざまな患者様と出会い、入れ歯のお悩みを共有し、治療を経験させていただきました。

患者様を通じて、精密な入れ歯のもたらす豊かな食生活、家族や友人との楽しい会話、素敵な笑顔を取り戻す喜びに心を動かされました。

テレスコープ義歯や総義歯の素晴らしさを、少しでも多く方に感じていただければと、ブログにご紹介しております。
同じようなお口のお悩みを抱えている方は、意外に多くいらっしゃいます。
まずは、一歩前に踏み出すことが大切かと。そんな一歩のきっかけに、ぜひブログをご覧いただければ嬉しく思います。

入れ歯について

福永歯科について

入れ歯ブログ

  • サムネイル

    新型コロナウイルス感染対策に、噛める入れ歯を!

    続きを見る
  • サムネイル

    保険の入れ歯、自費の入れ歯、福永歯科の入れ歯の違い

    続きを見る
  • サムネイル

    インプラントをしていても対応できるテレスコープ義歯

    続きを見る

歯科スタディーグループの学術大会にてテレスコープ義歯の講演をしました

歯科スタディーグループ IPSG包括歯科医療研究会の学術大会が御茶ノ水のソラシティで開催されました。

全国から100名近い歯科医師、歯科技工士の先生がたにお集まりいただき、2018年を締めくくる盛大な学術大会となりました。

また、今回は、私も演者として発表させていただきました。

今回の学術大会のテーマは、“change”!!

これからのテレスコープ義歯の可能性をさらに広げていくような一症例を発表しました。

テレスコープ義歯は、インプラントのように外科手術もなく、保険の入れ歯のように銀色のバネが見えることもなく、安全でかつ審美的にも優れた入れ歯であります。

それゆえ、若くして歯を失い、入れ歯になってしまっても、ご自身の歯を利用して長期に使うことができる入れ歯です。

しかし、入れ歯になる状況のお口の中はさまざまな変化が起こっております。

歯が、揺れていたり、歯の位置が大きく動いてしまっていたり、歯が伸びてしまっていたり。。

今回のテーマは、患者様の歯を1本でも多く残すために!

矯正治療により短期間で歯を移動させ、テレスコープ義歯の予後をより有利にすすめられた症例でした。

テレスコープ義歯は、補綴前処置として、しっかりとした細菌のコントロールや、歯の移動、保存する歯の選択、義歯の設計を精密に行うことで、患者様のをより多く残すことが可能となり、若くして歯を失ってしまったとしても、入れ歯と長くつきあうことができる質の高い入れ歯のように思えます。

最近ではテレスコープ義歯とインプラントの融合や、今回の私の発表の症例のように簡単な補綴前処置を施すことで、より審美的に、またご自身の歯をより多く残せる可能性を上げていくことが出来るようになります。

テレスコープも、どんどんとchange!

より多くの可能性に向かって、安全で高品質な入れ歯はさらに進化していけるのではないでしょうか。

今回の演者のお一人になんと!

ライブドアの創業者、スティーブ・ジョブズと共に「iPodの仕掛け人」と呼ばれ、アップルの復活を果たした前刀禎明さんがいらっしゃり、貴重なお話を伺うことができました。「セルフ・イノベーション」同じ場所に留まることをよしとせず、常に自分自身を変え成長させる!!

とても素晴らしい内容の講演でした。

このような機会を与えてくださった稲葉先生に感謝いたします。

私たち福永歯科医院も、来年に向け新たな気持ちで、高みをめざし患者様をサポートできればと思えた学術大会となりました。

埼玉県さいたま市 福永歯科医院 福永

PAGE TOP

入れ歯無料相談のご予約(完全予約制)