埼玉県の入れ歯(部分入れ歯、総入れ歯)なら福永歯科医院へ

入れ歯の無料相談を承っております

[受付時間] 9:30~13:30/15:00~19:00 [休診日]日曜・祝日

Denture Blog 入れ歯ブログ

メール
無料相談

筆者プロフィール

院長 福永朋美

福永歯科医院 院長 福永朋美

■経歴

平成14年  明海大学歯学部卒業、
歯科医師免許取得
明海大学歯学部 歯周病科入局

平成16年  医療法人社団博雅会
布田歯科医院勤務

平成20年  東京武蔵野病院
歯科口腔外科勤務

平成21年  福永歯科医院開業

■所属・認定医・資格

・IPSG包括歯科医療研究会 VIP会員
・日本歯周病学会
・日本顎咬合学会 認定医
・さいたま市立鈴谷東保育園 園医
・さいたま市立鈴谷東保育園第二種歯科感染管理者

■患者様へ

歯科医師として患者様のお手伝いをさせていただき20年近くなります。
多くの時間をテレスコープ義歯や、総義歯治療に携わってまいりました。
さまざまな患者様と出会い、入れ歯のお悩みを共有し、治療を経験させていただきました。

患者様を通じて、精密な入れ歯のもたらす豊かな食生活、家族や友人との楽しい会話、素敵な笑顔を取り戻す喜びに心を動かされました。

テレスコープ義歯や総義歯の素晴らしさを、少しでも多く方に感じていただければと、ブログにご紹介しております。
同じようなお口のお悩みを抱えている方は、意外に多くいらっしゃいます。
まずは、一歩前に踏み出すことが大切かと。そんな一歩のきっかけに、ぜひブログをご覧いただければ嬉しく思います。

入れ歯について

福永歯科について

入れ歯ブログ

  • サムネイル

    新型コロナウイルス感染対策に、噛める入れ歯を!

    続きを見る
  • サムネイル

    保険の入れ歯、自費の入れ歯、福永歯科の入れ歯の違い

    続きを見る
  • サムネイル

    インプラントをしていても対応できるテレスコープ義歯

    続きを見る

骨が少なくインプラントができない場合も対応できる入れ歯

入れ歯を検討する際に、インプラントも比較される方は多いと思います。
実際、当院に来院される患者様も「入れ歯とインプラントどちらがいいですか?」と聞かれる方が多いです。

そのため、今回の記事ではインプラントの特徴や治療を安全に進めるにあたって大事なポイントについてご紹介します。

インプラントに重要な“骨の量”

インプラント治療を安全に進めるためには、そのための十分な環境が口腔内に整う必要があります。

一つは、インプラントをしっかりと支えるだけの骨がないとなりません。

一般的に、歯が抜けた原因を考えると、外傷でたまたま運悪く歯が抜けてしまわない限り、多くの場合が歯周病や噛み合わせが悪く、歯を長期間揺らしていた結果、骨が減っている可能性が高いです。

骨のない部分にインプラントを入れるリスク

上顎であれば、上顎洞にインプラントが突き刺さったり、落ちてしまったりします。
下顎であれば、インプラントが神経を侵し、神経麻痺を起こす可能性があります。

インプラントを安全にするためには、しっかりとした事前検査が必要です。
骨が十分にない場合は、増骨のための追加手術が必要となり、治療費用、時間、体への負担も増加します。

骨がないということは、歯肉(歯茎)のボリュームも同時にないことを示しております。

入れ歯は歯とともに歯茎も回復することが可能

インプラントと比較して、入れ歯は、歯を取り戻すことと同時に歯茎も取り戻すことが可能となります。

ですから、精度の高い入れ歯を入れると「顔貌が若い頃に戻った」「若々しくなった」「シワが減った」などと言われるのはこのためです。

精度の高い入れ歯を入れると若返りの効果がある

PAGE TOP

入れ歯無料相談のご予約(完全予約制)