埼玉県の入れ歯(部分入れ歯、総入れ歯)なら福永歯科医院へ

入れ歯の無料相談を承っております

[受付時間] 9:30~13:30/15:00~19:00 [休診日]日曜・祝日

Denture Blog 入れ歯ブログ

メール
無料相談

筆者プロフィール

院長 福永朋美

福永歯科医院 院長 福永朋美

■経歴

平成14年  明海大学歯学部卒業、
歯科医師免許取得
明海大学歯学部 歯周病科入局

平成16年  医療法人社団博雅会
布田歯科医院勤務

平成20年  東京武蔵野病院
歯科口腔外科勤務

平成21年  福永歯科医院開業

■所属・認定医・資格

・IPSG包括歯科医療研究会 VIP会員
・日本歯周病学会
・日本顎咬合学会 認定医
・さいたま市立鈴谷東保育園 園医
・さいたま市立鈴谷東保育園第二種歯科感染管理者

■患者様へ

歯科医師として患者様のお手伝いをさせていただき20年近くなります。
多くの時間をテレスコープ義歯や、総義歯治療に携わってまいりました。
さまざまな患者様と出会い、入れ歯のお悩みを共有し、治療を経験させていただきました。

患者様を通じて、精密な入れ歯のもたらす豊かな食生活、家族や友人との楽しい会話、素敵な笑顔を取り戻す喜びに心を動かされました。

テレスコープ義歯や総義歯の素晴らしさを、少しでも多く方に感じていただければと、ブログにご紹介しております。
同じようなお口のお悩みを抱えている方は、意外に多くいらっしゃいます。
まずは、一歩前に踏み出すことが大切かと。そんな一歩のきっかけに、ぜひブログをご覧いただければ嬉しく思います。

入れ歯について

福永歯科について

入れ歯ブログ

  • サムネイル

    新型コロナウイルス感染対策に、噛める入れ歯を!

    続きを見る
  • サムネイル

    保険の入れ歯、自費の入れ歯、福永歯科の入れ歯の違い

    続きを見る
  • サムネイル

    インプラントをしていても対応できるテレスコープ義歯

    続きを見る

新型コロナウイルス感染対策に、噛める入れ歯を!

感染対策に大切なことはお口を清潔に保つことともうひとつ・・・

最近、コロナ感染症対策として歯科医院でお口を清潔に保つことが重要視されております。感染源であるウイルスの定着する住み家を作りにくくするということです。

歯科医院での定期的な清掃や検診は、とても大切ですが、さらにもう一つ大切な「咀嚼(噛むこと)と栄養」について本日はお伝えしたいと思います!

コロナ感染症と入れ歯にどんな関係があるの?

と、思われる方も多いと思われますが、実は、噛めること、しっかり栄養を取ることは、感染症対策としてとても大切なことです。

噛めない入れ歯の影響

このブログをお読みの方の中にも、

□入れ歯が合わないから使わないままでいる
□入れ歯が恥ずかしい
□入れ歯が痛い
□虫歯がひどく、しっかりと食べられない

といったように、噛むことが不十分になりお困りの方も多いのではと思います。
そうした方は、特に要注意です。

咀嚼機能が低い状態(100mg/dl以下)が長期間続くと、柔らかい食事が常用化しやすく、それらの多くは糖質に偏った食事となります。

糖質に偏った食事とは、簡単に言い換えると、白くて柔らかく、よく噛まないで済むような柔らかいご飯・パン・うどんなどの炭水化物です。

これらはブドウ糖の摂取量を上げるので、糖尿病悪化のリスクを高めることにもつながります。

また、咀嚼力を要求される肉類の摂取が減ってしまうと、タンパク質低栄養が進行し、血中アルブミン値が低下してしまいます。

こうした状態は、著しく免疫力の低下を招くことになるのです。

低栄養化により免疫力が落ちれば、新型コロナウイルス感染症の重症化につながるリスクも高まります。

コロナウイルス感染症の流行下ではありますが、

□虫歯や入れ歯の調子が悪い方
□入れ歯にすべきかお悩みで、一歩前に踏み出せない方
□食事が困難な方

は、決してそのまま放置せず、歯科医院に相談に行かれることをおすすめします。

栄養の摂取が妨げられたまま、日々を過ごすことは、ご自身の免疫力を下げ、感染症感染のリスクまで上げてしまうのです。

噛める入れ歯の必要性

現在多くの方が、ウイルスがご自身の体に入ることを懸念し、マスクの着用や消毒等の、ウイルスの侵入に対する対策を強化しておりますが、一方で、ウイルスに打ち勝つため、免疫力を上げることは忘れがちです。

お口の衛生状態を改善し、食べる機能を整えておくことは、実は新型コロナウイルス対策と直結しております。

仮にウイルス感染症に感染したとしても、発症したり、重症化しないような免疫力を維持した身体の状態を整えておくことが、とても大切です。

入れ歯でも硬い物をしっかり噛むことができるものはございます。たとえば当院ではドイツ式入れ歯 テレスコープ義歯をおすすめしております。

感染症流行下で歯科医院に行くことを不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、歯科医院では患者様すべてが感染している前提で院内設備を整え、感染予防態勢を実施しております。

噛めない、入れ歯が合わない、歯がない。

などお一人でお悩みを抱えず、まずは歯科医院に相談してみる、一歩を踏み出すことが大切かと思います。

福永歯科医院では、オンライン相談や入れ歯相談も行っております。

健康なお口の状態を保ち、新型コロナウイルス感染症に打ち勝って行きましょう!

入れ歯の製作に一歩踏み出す!

先日、入れ歯製作に一歩踏み出した患者様より、とても嬉しいお手紙をいただきました。

入れ歯アンケート

このような状況下で、一生懸命通っていただき、今ではいろいろなものが噛めると喜んでいただいております(^^)/

見知らぬ歯医者さんに行くのは、勇気が必要です。しかし、ご自身の健康や、楽しい食生活、充実した会話・・・を考えれば、一歩踏み出すことが、大切なように思えます。

福永歯科医院は、噛める入れ歯で豊かな生活をサポートするために、みなさまに少しでもお役立ちできればと思っております。

入れ歯でお悩みの際は、お気軽にご相談いただければと思います。

埼玉県さいたま市 福永歯科医院 福永

PAGE TOP

入れ歯無料相談のご予約(完全予約制)