埼玉県の入れ歯(部分入れ歯、総入れ歯)なら福永歯科医院へ

入れ歯の無料相談を承っております

[受付時間] 9:30~13:30/15:00~19:00 [休診日]日曜・祝日

Question & Answer 入れ歯 Q&A

メール
無料相談

入れ歯について

福永歯科について

入れ歯Q&A

  • サムネイル

    Q.保険の入れ歯、自費の入れ歯、福永歯科の入れ歯の違いは何ですか?

    続きを見る
  • サムネイル

    Q.インプラントをしているとテレスコープ義歯は入れられませんか?

    続きを見る
  • サムネイル

    Q.入れ歯安定剤を使わなくてもいい総入れ歯はありますか?

    続きを見る

Q.福永歯科ではどんな歯科技工士と連携していますか?

テレスコープ義歯や上下顎同時印象の総義歯は、歯科医師が患者様のお口の状況を診査、診断、治療させて頂き、その後、義歯を設計し、その情報を歯型へ印記し、技工士さんと連携して、実際の精密な入れ歯が形づくられます。

そのため、技術と経験をつんだ技工士さんとの連携は必須とも言えます。

技術と経験のある技工士さんは何が違うの?

咬合(咬み合わせ)の知識がとても高く経験も豊富です。
福永歯科医院では、患者様の歯型は必ず咬合器という精密な咬み合わせの器械に付着し、技工士さんと設計や咬み合わせの様式について検討しています。

咬合器もドイツのKaVo社のプロターや、オーストリア ガンマ社のものしか使いません。
このような咬合器を正確に取り扱うには、高度な知識と経験が必要とされます。

福永歯科医院と連携する技工士さんはこれらを匠に使い、すばらしい咬合の付与された義歯を作り出すことを心がけております。

技工所、技工士のご紹介

●榊原デンタルラボ 榊原功二先生

榊原先生の作り出す咬合の調和が取れたテレスコープ義歯をはじめとする補綴物の精密さ、正確さへのこだわりは、完成された義歯に現れます。

榊原先生は、オーストリアウィーン大学に留学され、ヨーロッパ咬合の大家スラビチェックに認められた歯科技工士の先生です。

現在も日本顎咬合学会常任理事、歯科技工士部部長を努め、日本全国の多くの歯科医師、歯科技工士、シークエンシャル咬合の概念の指導にあたっております。榊原先生の技工物を患者様のお口に装着する場合、そのほとんどが無調整です。

●須藤哲也先生

・モリタデンチャーインストラクター
・日本顎咬合学会指導歯科技工士

・JPDA(Japan Plate Denture Association)指導歯科技工士
他、数多くの総義歯セミナーでインストラクターとして活躍されております。

須藤先生は総義歯作製過程の要となる印象(型取り)より、患者様の口腔内を瞬時に把握し、総義歯を作る技工士さんの一人です。
また、人工歯の排列のセンスは高く、次世代を担う技工士さんとして雑誌などに紹介されました。


●京王歯研

現在、テレスコープを製作するためのミリングマシーンを所有し、かつ使いこなすことができる技工士のなせる技だと思います。

また、京王歯研には、電鋳加工機器を所有する技工所です。


福永歯科医院では御紹介させていただいた技工士の先生方と連携することにより、入れ歯を製作しております。

海外で勉強を重ねた技工士のみなさんです。

テレスコープ義歯や上下顎同時印象による総義歯は、その技工士さん達との連携により生み出される作品です。

PAGE TOP

入れ歯無料相談のご予約(完全予約制)