埼玉県の入れ歯(部分入れ歯、総入れ歯)なら福永歯科医院へ

入れ歯の無料相談を承っております

[受付時間] 9:30~13:30/15:00~19:00 [休診日]日曜・祝日

Question & Answer 入れ歯 Q&A

メール
無料相談

入れ歯について

福永歯科について

入れ歯Q&A

  • サムネイル

    Q.テレスコープ義歯で使用する金属はどのようなものですか?

    続きを見る
  • サムネイル

    Q.コーヌステレスコープはどのような入れ歯ですか?

    続きを見る
  • サムネイル

    Q.歯を失い、入れ歯を入れないとどうなってゆくのでしょう?

    続きを見る

Q.金属が見えない、見た目のいい入れ歯はありますか?

A.歯医者さんで歯を失うと、入れ歯やインプラントの選択を迫られます。

インプラントは、外科手術が怖い、不安が残るとなると、入れ歯を選択せざるをえません。

しかし入れ歯は

●パカパカ動いてしまう
●見た目も銀色のバネが見えて、入れ歯を入れていることが他人に分かってしまう
●会話に違和感がある
●大きく口を開けて笑えない

など、見た目の問題も多く抱えてしまいます。

20代、30代の患者様にそのようなお悩みをご相談される機会が多くございます。

その際、福永歯科医院では金属が見えないため入れ歯だと気づかれず、審美的にも見た目がよく、機能的にも優れたテレスコープシステムの入れ歯で多くの患者様に喜んでいただいております。

口元の美しさ

▼テレスコープシステムの入れ歯(リーゲルテレスコープの一例)
こちらは右上奥歯と左下奥歯に入れ歯が入っています。

一般的な保険の入れ歯は、金属の留め金が見えてしまうのに対して、テレスコープ義歯は内冠に外冠を装着するためにそのような審美性を悪くする金属は見えません。

テレスコープシステムにより白い歯を回復することが可能になります。

リーゲルテレスコープ1 リーゲルテレスコープ2

通常の入れ歯は、失った部分の隣にある金属の金具を引っ掛けて入れ歯を固定しますが、テレスコープシステムの入れ歯はそのような器具は使用しません。

リーゲルテレスコープ3

横から見ても金属は見えません。

リーゲルテレスコープ4

テレスコープの入れ歯は、残っている歯の部分に冠をかぶせ、カギの様な特殊な加工をし、入れ歯が付く仕組みになっているため、通常の入れ歯のように銀色のバネがお口の中で見えることはありません。

また、バネがないため、残っている歯を引き抜いてしまう心配もありません。歯も長持ちします。

このことにより、入れ歯がとても安定しているので、入れ歯の動きが少なく、夜ももちろん入れ歯を入れたままお休みいただくことができるのです。30代、40代で部分入れ歯の方でも、人に入れ歯を入れていることに気づかれる心配もないのです。

金属が見えない他の入れ歯との比較

現在日本では、上述したテレスコープシステムの入れ歯以外にも、金属が見えない入れ歯はいくつかあります。

バルプラスト、エステティックデンチャー、スマイルデンチャーなど、いわゆるノンメタルクラスプデンチャーです。金属の留め金の代わりにピンクの歯肉色のプラスチック樹脂で固定します。

●ノンメタルクラスプデンチャー
ノンメタルクラスプデンチャー

金属が見えない点では、テレスコープの入れ歯と同様ですが、プラスチック樹脂は、その維持力の調整が難しい上に、数年で樹脂は劣化します。その結果、入れ歯が動き、固定していた歯に動揺をきたしたり、歯を引き抜いてしまったりする傾向があります。

福永歯科医院では、このような理由により、歯を長持ちさせ、さらに審美性の良い精密入れ歯としてテレスコープの入れ歯を選択しております。

お顔全体の美しさ、バランス

入れ歯が合わないと、ついつい入れ歯を外してしまい、奥歯のないことを放置しがちになります。

奥歯のが抜けている状態を放置すると、確実に噛み合わせの平面や、顔貌は変化していきます。

●噛み合わせが低いと入れ歯を入れていたり、入れ歯を入れずに放置すると・・・
→顔貌は、深いしわが入り、頬の豊隆も乏しくなるため老け込みがちです。

●入れ歯の歯の配列やバランスが悪いと・・・
→本来、下の前歯しか見えず、笑っていてもなんとなく表情に乏しい感じになります。

●バランスの調和した入れ歯を装着すると・・・
→患者様によく「昔の顔に戻った!」というお言葉をいただきます。

ほうれい線や唇の感じ、頬の張りが、歯を失う前の状態に戻るためです。
お顔の表情もとても豊かになります。

テレスコープシステムの入れ歯ではこのようなことを実現することが可能となります。

口腔周囲の筋肉は、合わない入れ歯や、噛み合わせの高さが低すぎる入れ歯を入れていたり、奥歯の欠損を放置したままにすると、確実に衰えていきます。

また、審美的な問題以外にも、咀嚼(噛む)や嚥下(飲み込む)の機能を低下させていきます。

歯科治療において、審美的回復を図ることは、とても大切です。入れ歯だからと、あきらめる必要はないと思われます。

歯を審美的にも、機能的にも改善することは、将来的にも全身の健康を保っていくことにつながります。

“入れ歯は見た目が悪い”と決めつけず、審美的にも機能的にも回復が可能なテレスコープの入れ歯によりお口の健康、全身の健康を多くの方に取り戻していただければと思います。

当院では入れ歯の無料相談も受け付けております。
入れ歯についてお悩みの場合、お気軽にご相談いただければと思います。

埼玉県さいたま市 福永歯科医院

PAGE TOP