埼玉県の入れ歯(部分入れ歯、総入れ歯)なら福永歯科医院へ

入れ歯の無料相談を承っております

[受付時間] 9:30~13:30/15:00~19:00 [休診日]日曜・祝日

Question & Answer 入れ歯 Q&A

メール
無料相談

入れ歯について

福永歯科について

入れ歯Q&A

  • サムネイル

    Q.保険の入れ歯、自費の入れ歯、福永歯科の入れ歯の違いは何ですか?

    続きを見る
  • サムネイル

    Q.インプラントをしているとテレスコープ義歯は入れられませんか?

    続きを見る
  • サムネイル

    Q.入れ歯安定剤を使わなくてもいい総入れ歯はありますか?

    続きを見る

Q.テレスコープの入れ歯のお手入れはどうしたらよいですか?

福永歯科医院では、患者様がテレスコープの入れ歯を装着後、テレスコープの入れ歯をより良く使用し続けていただくために、担当衛生士がお手伝いさせていただきます。

患者様と一緒に、入れ歯のお手入れと、大切な残りのご自身の歯への予防メンテナンスをさせていただいております。

今回は、当院でおすすめしているテレスコープの入れ歯のお手入れについてご紹介します。

入れ歯の清掃の必要性

みなさんは入れ歯にもプラーク(歯垢)やバイオフィルムなどの細菌が付着するということはご存知ですか?

入れ歯だから大丈夫、歯がないから磨かなくてもいい、というわけではないのです。

入れ歯もご自身の体の一部です。天然歯と同じように、入れ歯も口の中に入れることによって菌が付着し、増殖します。

入れ歯を歯垢染色してみると・・・

↓↑おおよそきれいに見える入れ歯でも。。。

↑染め出しを行いデンタルプラーク(歯垢)を目に見えるように染色すると・・・

染め出す前には見えない歯垢ですが、使用後の入れ歯には、実はこんなに歯垢がついているのが分かります。

デンタルプラーク(歯垢)は、細菌の塊です。このままにしておくとデンタルプラークは、口腔内から血流にのり、全身に巡ります。

そして末端の器官の脳や心臓に停滞し、局所で炎症を引き起こし、その結果、心筋梗塞、脳血管疾患を引き起こす原因となります。

実際に歯周病菌が脳の血管から検出された症例も報告されています。

入れ歯を入れている方に特に注意していただきたいのが肺炎です。

入れ歯と肺炎の関わり

上の図は厚生労働省が発表した年間の死亡原因での人口動態統計調査の結果です。

(平成28年度)
1位 悪性新生物(がん)、2位 脳血管疾患 に続く3位が“肺炎”です。
そして、肺炎で亡くなる方の95%が年齢は65歳以上です。

その肺炎の中で、約7割も占めているのが誤嚥性肺炎といわれる肺炎です。

その原因は

●お口の中の菌が増える →入れ歯のお手入れと、残りのご自身の歯の清掃が大切です。

●口の周りの筋肉が衰える→入れ歯を外してばかりいたり、低すぎる合わない入れ歯を無理に使用しつづけるとお口の筋力はどんどん衰えていきます。
また、入れ歯を入れないことにより、食物を咀嚼できず、いわゆる丸呑みし続け嚥下の機能は低下します。咀嚼、嚥下に関わる筋力は低下します。

●免疫力の低下等があげられます。
↑上記を見て気が付くこと!

そうです!大切なのは、

●ご自身に合った機能的な入れ歯を入れて、しっかりと食事や日常生活を送ることが出来る

●また、装着している入れ歯と、残りのご自身の歯を定期的に清掃、メインテナンスをすること。
            
このように、肺炎を未然に予防するためには、テレスコープ義歯のようにしっかりとご自身に合った入れ歯を入れることと、それを専門家にサポートしてもらいながら、清掃、メンテナンスしていくことが、とても重要になります。

さて、細菌と肺炎についてお伝えしましたが、高齢の方は入れ歯を使用されている方も少なくありません。気を付けていただきたいのは、“入れ歯を入れている人は誤嚥性肺炎のリスクが入れてない人よりも高くなる“ということです。

それは、入れ歯は天然歯に比べ、細菌が繁殖しやすいからです。

肺炎予防のためにも、自分の歯はもちろん、入れ歯の清掃もしっかり行いましょう。

テレスコープ義歯の清掃方法

テレスコープ義歯の清掃方法で大切なのは、口腔内に残っている内冠と呼ばれる、ご自身の歯と、着脱する外冠と呼ばれる装置を共にしっかりと清掃することです。

<内冠の清掃>
冠の根元の部分にデンタルプラークが停滞しやすいため、毎日の歯の根元の清掃が大切です。

また、数か月ごとに定期的な歯科医院での歯科衛生士による清掃にて、バイオフィルムという細菌の膜がデンタルプラーク上を覆ってきますので、それらの除去が必要です。

歯科衛生士による入れ歯のメンテナンス

おおまかなバイキンは、歯ブラシで天然歯と同じようにあてて磨きましょう。

歯の間や細かい個所は歯間ブラシを通しましょう。

<外冠の清掃>

内側は、タフトブラシを使うといいでしょう。特に下の赤丸の箇所は、細菌が付きやすい箇所になります。ポイントをしっかりおさえて磨きましょう。
   

また内側も見落としやすい箇所です。しっかりとあてて磨きましょう。

ご自身の歯と入れ歯を磨く歯ブラシは分けて使うといいでしょう。

外冠のお手入れで最も大切なのは、ゴシゴシと物理的にお口の中の食べかすや汚れ、デンタルプラークを取り除くことです。

補助的に化学的な洗浄、いわゆるつけおき洗いを併用すると殺菌効果が高まり、より効果的に清掃できます。

福永歯科医院でも歯科衛生士により、患者様のテレスコープの種類や形状を踏まえ、清掃用品をご案内させていただいております。

セルフケアとプロフェッショナルケアで入れ歯のメンテナンスを

入れ歯は細菌の足場となり、ウイルスや雑菌が繁殖してしまう原因になります。ご自宅でできるケア(セルフケア)として入れ歯のお手入れは欠かせません。

上記での磨き方のポイントを参考にしてみてください。

また、ご自宅でケアを行っていても、天然歯と同じように歯ブラシでは落とせないバイオフィルムや歯石、着色などもついてきてしまいます。

歯磨きでは落とせないものは歯医者さんに診てもらいましょう。(プロフェッショナルケア)

福永歯科医院ではメンテナンスの際、入れ歯もお預かりして超音波にかけて洗浄を行っています。着色なども専用の機械や薬剤を使用して落としますので、気になった際はお声かけください。

精密なテレスコープ義歯を装着した後は、それが、皆様のお口の一部として機能し続けられるよう歯科衛生士と一緒に皆様のお手伝いをさせていただきます。

最善のものをより長く!ご自身の歯を大切に!入れ歯のメンテナンスをしていきましょう!

入れ歯でお悩みの際は、お気軽にご相談いただければと思います。

埼玉県さいたま市 福永歯科医院 福永

PAGE TOP

入れ歯無料相談のご予約(完全予約制)