埼玉県の入れ歯(部分入れ歯、総入れ歯)なら福永歯科医院へ

入れ歯の無料相談を承っております

[受付時間] 9:30~13:30/15:00~19:00 [休診日]日曜・祝日

Denture Blog 入れ歯ブログ

メール
無料相談

筆者プロフィール

院長 福永朋美

福永歯科医院 院長 福永朋美

■経歴

平成14年  明海大学歯学部卒業、
歯科医師免許取得
明海大学歯学部 歯周病科入局

平成16年  医療法人社団博雅会
布田歯科医院勤務

平成20年  東京武蔵野病院
歯科口腔外科勤務

平成21年  福永歯科医院開業

■所属・認定医・資格

・IPSG包括歯科医療研究会 VIP会員
・日本歯周病学会
・日本顎咬合学会 認定医
・さいたま市立鈴谷東保育園 園医
・さいたま市立鈴谷東保育園第二種歯科感染管理者

■患者様へ

歯科医師として患者様のお手伝いをさせていただき20年近くなります。
多くの時間をテレスコープ義歯や、総義歯治療に携わってまいりました。
さまざまな患者様と出会い、入れ歯のお悩みを共有し、治療を経験させていただきました。

患者様を通じて、精密な入れ歯のもたらす豊かな食生活、家族や友人との楽しい会話、素敵な笑顔を取り戻す喜びに心を動かされました。

テレスコープ義歯や総義歯の素晴らしさを、少しでも多く方に感じていただければと、ブログにご紹介しております。
同じようなお口のお悩みを抱えている方は、意外に多くいらっしゃいます。
まずは、一歩前に踏み出すことが大切かと。そんな一歩のきっかけに、ぜひブログをご覧いただければ嬉しく思います。

入れ歯について

福永歯科について

入れ歯ブログ

  • サムネイル

    新型コロナウイルス感染対策に、噛める入れ歯を!

    続きを見る
  • サムネイル

    保険の入れ歯、自費の入れ歯、福永歯科の入れ歯の違い

    続きを見る
  • サムネイル

    インプラントをしていても対応できるテレスコープ義歯

    続きを見る

入れ歯ブログ

  • ドイツ式入れ歯コーヌステレスコープについて

    テレスコープ義歯について

    テレスコープシステムの義歯は、ご自身の残った歯に内冠、その上から取り外し式の外冠からなる、二重冠構造の義歯です。
    テレスコープシステムの義歯には、いくつかの種類があります。

    その中で今回はコーヌステレスコープ義歯についてご紹介します。

    コーヌステレスコープ義歯とは
    テレスコープシステム義歯の1つです。
    日本においてコーヌステレスコープ義歯は、1980年代より広まり、最もよく知られているテレスコープ義歯と

    続きを見る
  • 女性向けの見た目の美しい入れ歯

    女性の方の入れ歯

    入れ歯の見た目

    福永歯科医院の入れ歯無料相談には、多くの女性の患者さまが訪れます。
    また、当院でおすすめしているドイツの部分入れ歯 テレスコープ義歯に移行される患者さまは、決して70~80代のご高齢の方ばかりではないのです。
    20~30代の女性でもテレスコープ義歯を選択される方はたくさんいらっしゃいます。
    そこで今回は、若い女性の方の入れ歯についてご紹介させていただきます。

    女性の歯の喪失状況
    はじめに、現在の女性の歯の喪失状

    続きを見る
  • 保険の入れ歯とノンクラスプデンチャー、テレスコープ義歯の違い

    保険の入れ歯、ノンクラスプデンチャー、テレスコープ義歯の違い

    費用について保険の入れ歯と当院の入れ歯の違い

    当院に入れ歯の相談にいらっしゃる患者様に最近、非常によく「保険の入れ歯と自費の入れ歯はどのように違うの?」という質問をされます。

    今回は、保険の入れ歯とノンクラスプデンチャー(自費)についてご紹介しつつ、当院でおすすめしているテレスコープの入れ歯(自費)についてもご紹介したいと思います。

    保険の入れ歯
    保険の入れ歯は、銀色のクラスプというバネを歯にかけて、入れ歯をお口の中に固定します。
    クラスプ

    続きを見る
  • 歯を失い、入れ歯を入れないままにするとどうなるか

    入れ歯と噛み合わせ

    本日は歯を失ったり、入れ歯でお困りの方と、噛めるようになる、食べられるようになる、しゃべれるようになる大切さを考えてみたいと思います。
    超高齢社会に必要な入れ歯
    歯医者さんでなぜしっかり噛める入れ歯が多く求められているのか?
    近年、超高齢社会の到来により、歯科を取り巻く環境も変化しております。
    下の表の通り、2040年までは高齢者の人口増加は続き、高齢者の増加は低下傾向になるものの、高齢者の割合は引き続き

    続きを見る
  • 骨が少なくインプラントができない場合も対応できる入れ歯

    骨が少なくインプラントができない場合も対応できる入れ歯

    入れ歯とインプラントの比較テレスコープ義歯について

    入れ歯を検討する際に、インプラントも比較される方は多いと思います。
    実際、当院に来院される患者様も「入れ歯とインプラントどちらがいいですか?」と聞かれる方が多いです。
    そのため、今回の記事ではインプラントの特徴や治療を安全に進めるにあたって大事なポイントについてご紹介します。

    インプラントに重要な“骨の量”
    インプラント治療を安全に進めるためには、そのための十分な環境が口腔内に整う必要があります。

    続きを見る
  • テレスコープの入れ歯のお手入れ

    歯科衛生士による入れ歯のクリーニング

    テレスコープ義歯について

    福永歯科医院では、患者様がテレスコープの入れ歯を装着後、テレスコープの入れ歯をより良く使用し続けていただくために、担当衛生士がお手伝いさせていただきます。
    患者様と一緒に、入れ歯のお手入れと、大切な残りのご自身の歯への予防メンテナンスをさせていただいております。
    今回は、当院でおすすめしているテレスコープの入れ歯のお手入れについてご紹介します。

    入れ歯の清掃の必要性
    みなさんは入れ歯にもプラーク(

    続きを見る
  • 20代、30代におすすめの見た目と機能を両立する入れ歯

    20代、30代の入れ歯で、おすすめのものはありますか?

    入れ歯の見た目

    A.当院でおすすめしているテレスコープ義歯という高精密な入れ歯は、20代、30代の方の入れ歯に対応することができます。
    最近よく思うのは、入れ歯は決してご高齢の方だけが抱えているお悩みではないということです。
    歯を失う原因は、決して、年齢だけが原因ではないということが、よく分かります。
    この記事では、20代、30代で歯のお悩みをお持ちの方に、歯の仕組みからご紹介してまいります。

    20代、30代で歯を失う理由
    20代、30代

    続きを見る
  • 入れ歯制作後のメンテナンスは歯科衛生士がサポートします

    入れ歯制作後のメンテナンス

    その他

    福永歯科医院では、テレスコープ義歯を作られた患者様お一人お一人をテレスコープ義歯のメンテナンス知識を学んだ歯科衛生士がサポートし、メンテナンスに通っていただいております。

    どんなに品質がよく価値のある入れ歯を持っていても、お手入れを全く必要としない訳ではございません。
    テレスコープ義歯のお手入れの冊子をごらんいただき、歯科衛生より一つ一つ丁寧に取り扱いや清掃方法をご説明させていただいております。

    続きを見る
  • 福永歯科と連携している歯科技工士

    その他

    テレスコープ義歯や上下顎同時印象の総義歯は、歯科医師が患者様のお口の状況を診査、診断、治療させて頂き、その後、義歯を設計し、その情報を歯型へ印記し、技工士さんと連携して、実際の精密な入れ歯が形づくられます。
    そのため、技術と経験をつんだ技工士さんとの連携は必須とも言えます。
    技術と経験のある技工士さんは何が違うの?
    咬合(咬み合わせ)の知識がとても高く経験も豊富です。 福永歯科医院では、患者様の歯型

    続きを見る
  • 何度作っても入れ歯が上手くいかない原因

    入れ歯の製作が難しい場合も対応

    入れ歯と噛み合わせ

    「何度作っても入れ歯が上手くいかない」
    よく、そんなお悩みを相談されます。
    噛める入れ歯と噛めない入れ歯は一体何が違うのでしょうか?
    「噛めない!」とおっしゃる方の入れ歯を拝見すると、皆さまに共通することがあります。
    それは“噛み合わせが正しく設定されていないこと”です。
    噛めない入れ歯の特徴
    「噛めない!」とおっしゃる方の歯茎の様子は、かなり土手の吸収も激しく、平面が乱れています。
    土手の平面が平ら

    続きを見る

PAGE TOP

入れ歯無料相談のご予約(完全予約制)